FC2ブログ
みんなあつまれ!
園のこどもたちの様子をお伝えします。
お手伝い大好き
IMG_2137_convert_20191216112922.jpg

小さい子たちは、ほんとに誰かの役に
たちたいと思っているようです。

IMG_1876_convert_20191212133540.jpg

「誰かお手伝いしてくれないかな?」と
つぶやくものなら飛んできてくれます。

IMG_2069_convert_20191213114306.jpg

砂場の道具がいくつか残っていた時の事です。

IMG_2031_convert_20191213093228.jpg

「片付けましょう」ではする子ども・しない子どもが
出てきますが、「手伝って」では
本当にたくさんの子どもがしてくれるのです。

IMG_2033_convert_20191216133952.jpg

感動するほどです。ところがこれが年齢が高くなるにつれて、
「手伝って」 「え~っ!?」嫌そうな返事に変わっていくのです。

IMG_2078_convert_20191213114233.jpg

面白いくらいです。こうやって、だんだん自分の事だけを
する時期になります。自分の事をすること、
出来る事に喜びを感じていくのです。

IMG_2085_convert_20191213114207.jpg

喜びを十分に感じた子どもはまた人へ
配慮が出来るようになるのです。

IMG_1912_convert_20191212133817.jpg

「片付けなさい」という前に、
「○○するから、ここをきれいにするのを手伝って。」と
言って実際に出来る事を増やしていくのです。
始めはお母さんと一緒にする事から始めてもいいのです。

IMG_1845_convert_20191212134656.jpg

自分でしたことは自分で片付けるという責任は、
だんだん身に付いていくように仕向けていくのです。

IMG_1569_convert_20191212134636.jpg

片付けると気持ちが良いという体験が先です。
「片付けなさい」を「手伝って」に変えてでも
まず整える事をしていくのです。

IMG_2072_convert_20191213114354.jpg

人のために役に立ちという本能は
私たち人間持っているものだと信じています。
[2019/12/16 11:30] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
クリスマス
IMG_1972_convert_20191209084519.jpg

今日はクリスマスお祝い会でした。
10月終わりごろから少しずつ
練習を始めてきました。

IMG_1888_convert_20191209114622.jpg

クリスマスってなぁに?という問いかけから始めました。
年少さんからは「サンタさん来る日」とニコニコ顔で
手を挙げて話します。それに比べて年長児は
「イエス様の誕生日です。」と
正解が帰ってきます。

IMG_1915_convert_20191209114723.jpg

なぜイエス様の誕生日を世界中の人と
お祝いするのかと話しながら準備してきました。

IMG_1899_convert_20191209114706.jpg

今ではイエス様の誕生日だから
イエス様をお祝いしようと、
お祝いのための遊戯や舞踊劇、そして
年長児による聖劇の準備をしてきました。

IMG_1894_convert_20191209114645.jpg

イエス様が馬小屋で生まれ、飼い葉おけに寝かされたという
聖書の言葉に従い、わらのふとんをつくろうと子どもたちは
“良い子の藁”を集めています。

IMG_1969_convert_20191209085259.jpg

“良い子の藁”とは子どもたちがイエス様の事を思い、
良い事をした時に、箱に準備してある藁を飼い葉おけに
入れていくのです。

IMG_1980_convert_20191209084715.jpg

子どもの善意が集まった暖かい布団が出来ました。
赤ちゃんのイエス様の御像がニコニコと笑って喜んで
いらっしゃるように感じました。

IMG_1313_convert_20191209115805.jpg

クリスマスツリー・クリスマスプレゼント・クリスマスケーキと
たくさんの嬉しいことがある、クリスマスの日ですが、
どうしてこんなにも世界中の人が喜んでお祝いするのでしょう。

IMG_1297_convert_20191209115511.jpg

神様がご自分の一人子をまず私たち人間に
与えてくださったからです。神様が私たち人間を
何よりも大事に思ってくださったという証だからです。

IMG_1179_convert_20191031093612.jpg

神様が私たち人間を愛してくださった
この喜びを人にも分けたいのです。
だからお互いにプレゼントをして喜び合うのです。

IMG_1977_convert_20191209084654.jpg

クリスマスは自分の事よりも人の喜びを
大切にしたい日だと心から思うのです。
[2019/12/09 13:31] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
優しい子ども
IMG_1329_convert_20191111094405.jpg

当園ではお掃除スタッフの方々に
毎日朝1人、午後に4人の方々に
来ていただいています。

IMG_1258_convert_20191031113249.jpg

少しでも先生方の負担を少なくして、
出来るだけ子どものための時間を
増やして欲しいという思いでしている事です。

IMG_1683_convert_20191125135947.jpg


保育の前後に来てくださるので、
子どもたちとはそんなに出会う事はありません。
お預かりで早朝に来る子ども、保育後のお預かりを
している子どもたちは、毎日の事なので
少しずつ触れ合う事が出来ているようです。

IMG_1662_convert_20191128121257.jpg

「おばちゃんは誰のおばちゃん?」から始まり
少しずつ会話が出てき始めました。
今年で3年目を迎えています。
その間スタッフの方々のメンバーは
何回か変わりましたが
本当によくしてくださっています。

IMG_1599_convert_20191128121454.jpg

「○○のおばちゃんおはようございます。」
「○○のおばちゃんみて!」と少しずつ
関わりも持つこともありました。

IMG_1611_convert_20191128121542.jpg

いつのまにか廊下や階段を、お掃除してくださる時に
出会うと 「おばちゃんありがとうございます」 
という挨拶も自然に出来るようになってきました。

IMG_1678_convert_20191125135925.jpg

スタッフの方々も、
「子どもたちから元気をもらいます。」 と
おっしゃってくださいます。

IMG_1561_convert_20191128123450.jpg

そんなある日スタッフの方が
「先生、今日はすごく嬉しかったです。」 と
教えてくださいました。

IMG_1214_convert_20191031094206.jpg

「おばちゃん。大丈夫ですか。腰痛くないですか。」
顔を覗き込むようにして言ってくれたのだそうです。

IMG_1594_convert_20191128135620.jpg

「ありがとう。大丈夫ですよ」
「どういたしまして」と
本当にお互い優しいきもちになり、幸せでした!
という事でした。

IMG_1451_convert_20191115111357.jpg

後からお母さんに伺うと、お父さんも時々腰が痛くなることが
あるという事ですが、そんな優しい言葉かけが出来るように
なったと、お母さんも喜んでくれました。
人の傷みが分かる人に育っているのだなと思うと
私も幸せな気持ちなりました。

IMG_1824_convert_20191129132700.jpg

人は周りの人から、優しさをもらいながら
優しさを自分の中で育てていくのだなと思いました。
[2019/11/28 13:59] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
子どもたちは伸びる力をたくさん持っています
IMG_1331_convert_20191111094546.jpg

11月に入園してきた年少々の子どもがいます。
一クラスに一人ずつ入園してくるのです。

IMG_1668_convert_20191122093814.jpg

まだお母さんと離れて登園するのは
数えるほどしかありませんが、
しっかり自分の事は自分でしようとしています。

IMG_1652_convert_20191122102900.jpg

最初はやはり、お母さんと離れた後
お部屋で泣く事はあったのですが、
すぐに泣き止んで支度をしていました。

IMG_1634_convert_20191121122609.jpg

落ち着いた教室では、子どもは自分は何をしたらよいのか
分かるのでしょう。4月入園児の子どもより
慣れていく様子はとても早いです。

IMG_1582_convert_20191121113230.jpg

でも大事なことは、早くなれるという事よりも、
達成感を感じる体験をたくさんするという事です。

IMG_1619_convert_20191121113733.jpg

朝の身支度の時に、大きい子どもが
手伝おうとすると手を払いのけます。
その強さに手伝おうとする子どもも
目をぱちくりです。

IMG_1254_convert_20191031113200.jpg

手伝おうとするとニコニコ嬉しそうに笑って、
ほんとに丸投げという感じでしてもらっていましたのに、
分かった!出来る!と思ったとたん手を払いのけるのです。

IMG_1622_convert_20191121114048.jpg

分かった!自分でやってみたい
という気持ちの方が勝ってきたのです。
その気持ちは大きいお兄さんお姉さんには
よくわかります。
自分たちも同じでしたから・・・。

IMG_1628_convert_20191125105041.jpg

子どもにとって最高の先生は
子どもと言われるゆえんでしょう。

IMG_1448_convert_20191115111423.jpg

まだ入園して1ヶ月、時々お部屋の作業に疲れてくると、
お外へ行きたくなるようです。
するとそれに気付いた先生が
外で遊ぶお手伝いをしてくださいました。

IMG_1295_convert_20191107133251.jpg

始め無理をしないで、
自分のしなければならない自分の事が
出来るようになることを大事に手伝っていくうちに出来る事、
集団でのルールなど自分で獲得していくようになるのです。

IMG_1202_convert_20191031094013.jpg

モンテッソーリ教育で一番大事な事は、
子ども本来の姿に目を向け子どもを信じる事なのだと
改めて気づかせられる毎日です。

IMG_1154_convert_20191030105040.jpg

日に日に変わる子どもの伸びていく姿に
力をたくさんもらっています。
[2019/11/25 12:14] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
難しい事への挑戦
IMG_1333_convert_20191111094458.jpg

子どもたちの知りたい・分かりたい・出来るようになりたい
という気持ちは本当にすごいなあと思います。

IMG_1468_convert_20191118100733.jpg

赤ちゃんの頃から、いろいろな事に興味を持ち
たくさんの事を獲得してきた子どもたちです。

IMG_1465_convert_20191118100915.jpg

立ち上がりを始めた頃、歩き始めの頃の
あの意欲はすごいです。

IMG_0957_convert_20191018121651.jpg

転んでも転んでも、泣きながらでも立ち上がり
挑戦していました。そんな子どもの姿を感動して
見ていたものでした。

IMG_1197_convert_20191031093845.jpg

あの意欲が大きくなるにつれて従い
薄れていくのはどうしてだろう。
これは私にとっての大きな課題でした。


IMG_0798_convert_20191010132119.jpg

きっと大人の介入によって、出来ない・難しいという事を
たくさん体験してきたからなのだろうなと推測します。


IMG_0949_convert_20191018121914.jpg

お母さんがお茶をついでいるのを見たり、
食事の時におつゆをお椀に注いだりしているのを
見ている子どもはお母さんの様に出来るように
なりたいと思っているのです。

IMG_1408_convert_20191115100602.jpg

大人にとって簡単にする事でも、子どもにはどのくらいの位置で
急須を傾けたらよいのか分からないのです。
やりたくてやってみたら、こぼしてしまうという事になるのです。


IMG_1392_convert_20191115100654.jpg

それで“つぐ”という事だけを取り出して教具化しました。
例えば水つぎ・米つぎなど手首のコントロールと共に
どのくらいの位置で傾けるなど体験するのです。

IMG_1203_convert_20191031094038.jpg

このように、モンテッソーリ教育の中では、子どもにとって
難しいと思われるものを取り出して、教具化しているのです。
すべての分野で工夫されています。

IMG_1401_convert_20191115101502.jpg

出来ないという事よりも、こうやってみたら出来る
という体験を積み重ねる事を、大事にしているのです。

IMG_1313_convert_20191107133522.jpg

出来た。これも出来るようになった。という
積み重ねで小さな成功体験をしていくのです。


IMG_1150_convert_20191030101113.jpg

それが分かった子どもたちは、すぐに諦めず
何度も繰り返しするという事が、
少しずつ身に付いてきているようです。嬉しい事です。
[2019/11/15 18:15] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ 次のページ
プロフィール

宮崎カトリック幼稚園

Author:宮崎カトリック幼稚園
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード