FC2ブログ
みんなあつまれ!
園のこどもたちの様子をお伝えします。
僕困っているんだ
IMG_8002_convert_20190531134810.jpg

先日、年中児のお母さんの方の勉強会をしました。.
その中で、育てにくいと感じるお子さんの話もしました。

IMG_9123_convert_20190701104834.jpg

どうしてこんなに何度も何度も同じことを言わないといけないのだろう。
よそのお子さんはお利口さんなのに・・・・。

IMG_8769_convert_20190701105136.jpg

お母さんの言葉から、気絶しそうになるくらい
同じことをいっていますと・・・・・。

IMG_9270_convert_20190705124659.jpg

そんな中、急に年中になって
友達とのトラブルが増えてきた○○君。
動きを見ているとお友達の嫌がることをしたり、
ちょっとした いたずらをして、されたお友だちから
「あ~もう!」ということがふえていました。

IMG_9258_convert_20190705124730.jpg

もし困り感があるのに、誰からも分かってもらえず
注意だけをうけていると、子どもの心は傷ついてしまいます。

IMG_9105_convert_20190701105015.jpg

私は子どものころから近視で、“眼鏡”をかけています。
年齢を重ねたときに老眼になりました。
最近は白内障になりました。

IMG_9109_convert_20190701104938.jpg

でも困った事はありません。
原因がはっきりわかっていたので、
その時に、必要な処置をして現状に合う
"眼鏡"をかけているからです。

IMG_9121_convert_20190701104851.jpg

困り感のある時、その困り感を解決できる眼鏡に
変わるものがあると良いのだと思います。

IMG_8773_convert_20190701105118.jpg

出来るだけ早い時期に、その“眼鏡”を見つけて
行きたいと思っています。そんな時ご家庭から
昨日のお話のようなことを、我が子に感じています。

IMG_9248_convert_20190708092942.jpg

家の○○はまさにその状態だと思います。
私たち夫婦は○○の幸せが最優先です。
どうすれば良いか、アドバイスをと言われました。

IMG_9336_convert_20190708092635.jpg

○○君は本当に幸せだと思います。
ちょっと話を聞いて、立ち止まってもらえたのですから。

IMG_8969_convert_20190705125804.jpg

私が思うのは本人の困り感を無視して、
「また××をしてダメでしょう。」「何回言ったら分かるの!」
と言われ続け、僕はダメなんだと自分に自信を無くすことです。

IMG_9302_convert_20190705131501.jpg

困り感との付き合い方を身に付けていきながら、
心の平和を持ち続けて行けたらと願っています。

IMG_8884_convert_20190705131923.jpg

子どもの困り感と育てにくさは裏表です。
感じたときちょっと立ち止まって、
周りの誰かにちょっと話を聞いてもらうのも、
肩の力を抜くのも良い事だと思います。
[2019/07/08 13:22] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
芝生に入りません
IMG_9265_convert_20190704110728.jpg

園庭に芝生をしているのですが、子たどもちのパワーにびっくりです。
すぐに真ん中が傷んでしまうのです。

IMG_9249_convert_20190704110843.jpg

今年も傷んでいる所を直していただきました。
そうすると、しばらくは中には入れません。

IMG_8396_convert_20190704111057.jpg

4月当初は、縄をはって入らないようにしました。

IMG_9252_convert_20190704110822.jpg

今は雨上がりの時など、芝生が傷みやすい状況の時だけ
入らないようにしています。

IMG_9217_convert_20190704111508.jpg

入らないでの”印”をしています。
チェーンのついたポールを立てて置くだけなのですが、
それだけで中に入りません。

IMG_9103_convert_20190701105034.jpg

年少児も注意されなくても入らないのです。

IMG_9127_convert_20190701104752.jpg

いつもと違う事に敏感に反応しているのです。
その姿にびっくりです。

IMG_8763_convert_20190701105155.jpg

状況を見て判断して行動できるという事が
少しずつ出来ているという事なんでしょう。
もちろんこれからも、まだ出来ない事はあるのですが、
それでも確実に一つ一つ身につけていっているようです。

IMG_9125_convert_20190701104814.jpg

沢山ある教具の中から自分で選ぶという体験。
毎日の幼稚園生活の中で、身に付けてきた事が
自分で判断するという事に繋がっているのだと思います。

IMG_8883_convert_20190704102833.jpg


子どもたちは自分で考え、活動しながら
自分つくりをしっかりしているのです。
[2019/07/04 11:38] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
おもいで
IMG_9075_convert_20190628122247.jpg

6月も最後の週となりました。本当に早いものです。

IMG_8169_convert_20190628122321.jpg

4月に入園した子どもたちも、すっかり慣れてきました。
「帽子を忘れた。「」○○を忘れたと」言って半べそかいていた子どもたちも、
今では「後からお母さんが持ってきます」
中には「明日持ってきます」という年少もいます。

IMG_8181_convert_20190628122507.jpg

しっかり自分の力で幼稚園生活を送れるようになってきたようです。

IMG_8242_convert_20190628122425.jpg

幼稚園でどういう生活をしているのかは、
ご家庭ではわかりにくいこともあるでしょう。

IMG_8171_convert_20190628122357.jpg

先日幼稚園では普段どんなことをしているのかDVDに撮影して、
希望される保護者の方々に貸し出ししました。

IMG_8750_convert_20190628122911.jpg

今回はモンテッソーリ教具を使っての
自由活動の時間を主にして撮影しました。

IMG_8379_convert_20190628122612.jpg

一寸羽目を外している様子や真剣にしている様子など、
ありのままを映しました。

IMG_9082_convert_20190628134106.jpg

先生たちもお仕事をしてる様子をスナップ写真に写しています。
それにお仕事をしている目的や様子をコメントを書いて
”おもいで”というのを作成しています。

IMG_9084_convert_20190628134136.jpg

モンテッソーリ教具を使って、自分つくりをしている子どもたちが
どんな学びをしているのかを少しでも理解していただきたいという
思いからしている事です。

IMG_8764_convert_20190628122942.jpg

4月当初に撮影したものと7月になって写したものとでは
表情に変化が、はっきり違うものが出てきます。

IMG_8751_convert_20190628122649.jpg

自分でたくさんの教具の中から、自分のしたいことを選んで
繰り返し作業をする中で確実に少しずつ成長しているのだと思います。

IMG_8885_convert_20190628123008.jpg

自分で考えてするということ、終わりを自分で決められるという事が
本当に子どもの成長に大切なのだなと思います。
[2019/06/28 13:19] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
父の日
IMG_8322_convert_20190620094449.jpg

日曜日父の日でした。
お父さんお母さん、そしておじいちゃんも来てくださり
楽しい時間を過ごしました。

IMG_8648_convert_20190616121841.jpg

お家の方々が見守ってくださっている中、
いつもと同じようにお仕事をしました。

IMG_8749_convert_20190620095440.jpg

沢山ある教具の中から選ぶのですが、
今、お友だち一緒にすることが楽しい○○君と□□さん。
いつも一緒にしているお友だちが今日は一緒にしてくれませんでした。

IMG_8310_convert_20190620095904.jpg

お友だちは、いつものより一寸難しいものをして
お家の人に見せたかったようです。
これも子どもの選びですね。

IMG_8313_convert_20190620100004.jpg

一人ででも、いつもしていることをしようとした○○君・□□さんは
お父さんに手伝ってもらって一緒にすることにしました。
ニコニコ顔で子どもに教えてもらいながら一緒にしてくださったのです。
それはそれで楽しい時間になりました。

IMG_8655_convert_20190616122006.jpg

スポーツの先生方に教えていただきながら親子体操を楽しみました。
簡単そうに見える動きでも、子どものパワーに大人も汗ばんできます。
ご家庭でも参考に出来る内容でした。

IMG_8667_convert_20190616122056.jpg

人格形成の一番大事な時と言われる幼児期に、
ご両親とともに過ごす時間は大事です。
あなたが大好きというメッセージをたくさん伝えられたらと思うのです。

IMG_8675_convert_20190616122139.jpg

”じゃれつき遊び”のように、たくさんスキンシップをしながら
肌と肌との触れ合いを楽しんでください。
でも夜寝る前は避けたほうが良いという事でした。

IMG_8688_convert_20190616122241.jpg

子どもにとって大事な事に『睡眠』という事があります。
睡眠時間が短いと子どもはそれなりに慣れてしまいます。
でも、その結果切れやすい子になったり、集中力の無い子に
なるという事も本に書いてありました。

IMG_8698_convert_20190616122358.jpg

忙しいお父さん方、仕事から帰ってきて、
さあ一緒に・・・・と思っていたら
もう、子どものお休みタイムになってしまった
という事も経験されたことでしょう。

IMG_8735_convert_20190616122722.jpg

8時になるともうお眠りタイムとなるのが理想です。
この時間に帰られるお父さん方は子どものお眠りタイムに付き合って、
体をさすったりしながら、スキンシップを図ってください。

IMG_8323_convert_20190606132944.jpg

きっとこの時間が大きくなった時の子どもの心に、
心地よい思い出として残ることでしょう。
[2019/06/20 12:51] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
選ぶという事
IMG_8203_convert_20190606110509.jpg

6月になって新しい小さいお友達が入園してきました。

IMG_7865_convert_20190606125405.jpg

ひよこ組さんです。
本当は2歳児と言われる年齢ですが、
4月に満3歳になって、6月に入園したのです。

IMG_8225_convert_20190606111415.jpg

鞄から出席カードを出したりハンカチを出したりしながら準備をするのです。
先生と一緒に一つ一つ出していきます。

IMG_8185_convert_20190606110546.jpg

お部屋に入っていくとお友達がたくさんお仕事をしていました。

IMG_8187_convert_20190606110625.jpg

何をしようかなと、お友達の机の周りを見て回ります。
気になるものに、ちょっと手を出したりしますが、
お友だちも小さいひよこさんのする事ですから、
ニコニコ顔でみています。

IMG_8199_convert_20190606110708.jpg

綺麗なビー玉のお仕事を見つけました。
器に3色のビー玉が入っています。
小さな小皿に色別に分けて入れて行きます。

IMG_8267_convert_20190606094057.jpg

何度も繰り返ししながらしていきます。
途中ままごとのようにしてしまいましたが、それでも楽しそうにしています。

IMG_8180_convert_20190606110814.jpg

次はシール貼のお仕事もしました。
たくさんあるお仕事の中から、自分でしたいことを選んでするという事は、
とても大切なことです。

IMG_8274_convert_20190606110849.jpg

”選ぶ” という事は、私たちはいつもしている事ですが、
自分にとって本当に大事な事を選ぶという事につながるのです。

IMG_8319_convert_20190606122042.jpg

生きていくうえでも大事なことです。
小さい時から自分で選んで決めるという事を
繰り返し体験して欲しいと願っています。






[2019/06/10 12:57] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
前のページ 次のページ
プロフィール

宮崎カトリック幼稚園

Author:宮崎カトリック幼稚園
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード