FC2ブログ
みんなあつまれ!
園のこどもたちの様子をお伝えします。
虫取り大好き
IMG_0233_convert_20190912102152.jpg

15日に運動会をしました。9月残暑厳しい日だったのですが、
子どもたちはとても頑張りました。

IMG_0304_convert_20190912105918.jpg

施設として、決して恵まれているという環境ではありませんが、
それでも水分補給、体を冷ますなど工夫しながら、
汗をしっかりかける子どもたちに育ってほしいと思っています。

IMG_0187_convert_20190912104031.jpg

園庭に集まって体操をしている時です。トンボが跳んできました。

IMG_0185_convert_20190912104111.jpg

皆ちらちら気になるようで見ています。
年少も目でじーっと追っていますがその場から動きません。

IMG_0314_convert_20190912105604.jpg

8月入園したばかりの年少々の子が見つけました。

IMG_0305_convert_20190912105759.jpg

その子の近くにトンボがとまりました。
「とんぼ!」その声にびっくりしたのか、
トンボは飛んでいき、ちょっと離れたところにとまりました。

IMG_0301_convert_20190912105823.jpg

それを追って小さいお友だちは走っていきます。
また飛んでいきます。叉走って追いかけます。

IMG_0024_convert_20190912103404.jpg

繰り返しているうちに体操は終わりました。
その間他の子どもは一緒になってすることもしませんが
「駄目だよ」という注意もしませんでした。

IMG_0026_convert_20190912103425.jpg

先生たちが見守っていることを子どもたちも感じたのでしょう。
いずれ出来るようになるという事を。

IMG_0300_convert_20190912111129.jpg

外遊びの時間になると、手に虫取り網を持って、
トンボを追いかけています。
夏は木をじーっと見上げてはセミを採っていた子どもたちが
今は、トンボです。

IMG_0328_convert_20190913110412.jpg

とった虫を虫かごに入れて、お帰りの時に
お迎えに来てくださったお母さんに
「お母さん見てみて!」と言って見せた後、
ほとんどの子どもが逃がして帰るようになりました。

IMG_0173_convert_20190912103455.jpg

始めはお母さんと、”持って帰る””かわいそう”
という会話がよく聞かれていましたが、
虫取りが上手になってきた今は
逃がすという事を選択することが出来るようになったようです。
スポンサーサイト



[2019/09/12 13:08] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
お預かり保育について
IMG_9982_convert_20190722105242.jpg

早い物で、もう今学期も終わりになります。
長期休み中もお預かり保育をします。

IMG_9975_convert_20190722110025.jpg

通常保育の時は、お仕事に行かれるお父さんに連れて
来ていただけるようにと、7時30分から
お預かりをしています。

IMG_9971_convert_20190722105753.jpg

お忙しいお父さん。帰りが遅くなるお父さんと
少しでも一緒にという思いで始めたことです。

IMG_8944_convert_20190701105059.jpg

朝園庭で遊びます。クラスの枠が外れいつもより
少ない人数のお友だちとも、楽しい遊びの
空間を楽しんでいます。

IMG_9324_convert_20190722093443.jpg

お仕事をしたり、年齢別活動をしたり、
お外遊びをして、充分園生活を楽しんでいます。

IMG_9328_convert_20190722093524.jpg

お友達と降園準備をした後
一足先にお残りの子どもたちは
“ひまわり組”に移動します。

IMG_9973_convert_20190722105906.jpg

制服登園の時には私服に着替え
ちょっとリラックスしているようです。

IMG_9967_convert_20190722105405.jpg

担当の先生も、その時間だけいらっしゃるのではなく
朝から子どもたちの様子をしっかり見て、
子どもの状態を、しっかり把握してくださっています。

IMG_9352_convert_20190722093634.jpg

たくさん遊んで、体をゆっくり休めたり、
制作遊びをしたりと、充実しているようです。

IMG_9334_convert_20190722093541.jpg

それでもやはりお母さんが一番。
「お友だちは旗の所に並んで帰るんだよ」という
つぶやきに耳を傾け、心を痛めながらも、しっかり向き合い
時々お友達と同じ時間に、帰られるようにお迎えに
来てくださいました。

IMG_9349_convert_20190722134241.jpg

その時の嬉しそうな顔。
5時が過ぎてほとんどの子どもが帰った後、
先生はしっかり関わり、その子との時間を楽しいものに
してくださいました。

IMG_9978_convert_20190722105712.jpg

年長児であっても、抱っこしたり肩車をして、いつもは
出来ない遊びを一生懸命してくださる○先生。

IMG_9964_convert_20190722105821.jpg

どの子たちもしっかり大人の「あなたが大好き」の
メッセージを受け取ってくれているようです。

[2019/07/22 09:24] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
七夕納め会
IMG_9531_convert_20190712111311.jpg

先週七夕納め会をしました。

IMG_9286_convert_20190718104737.jpg

6月に入って輪つなぎをつくったり△を長くつなぎました。
始めは糊がべたべたしてうまく繫げませんでした。

IMG_9442_convert_20190718110559.jpg

△をつなぐ時にまっすぐにするのが難しく
貼っては違ったと言いながらも
それは楽しそうにしていきます。

IMG_9431_convert_20190718110538.jpg

年少児は先生に切っていただいた
スイカに指スタンプで種を造りました。

IMG_9438_convert_20190718110632.jpg

年中は折り紙を折って繫げました。さすがです。
去年までと違って、きちんと角が折れて
とても手際よくしていくのです。

IMG_9527_convert_20190718110725.jpg

年長は、折り紙を折って輪の所から線を細かく引いて
線の通りに切っていくのです。結構細い線になるのですが、
線引き方も線の上を切っていくのもとても上手です。
自分の手先を、自分の意志でしっかり動かしているようで、
的確な手さばきは、目を見はるほどです。

IMG_9530_convert_20190718110657.jpg

短冊にいろいろなお願いを書きました。
「アイスクリームが食べたいです。」という可愛いお願いや、
「○○レンジャーのように人を助ける人になりたいです。」など・・・

IMG_9511_convert_20190718110748.jpg

白さんは先生方から聞いた、世界の国々のことを真剣に考えたようでです。
“泥の水でおうちがなくなった人にお家が出来ますように。”
 “汚いお水しかない人がきれいなお水が飲めますように。”
自分で考えた文章で一文字一文字書きます。
途中字が分からなくなると、 「わけがわからなくなった」 と
書けない字は先生に手伝っていただきながら一生懸命書きました。

IMG_9517_convert_20190718110822.jpg

卒園された方が笹が探してたくさん持ってきてくださいました。

IMG_9532_convert_20190712111501.jpg

飾りにこよりをつけて結びつけます。
出来ない小さい人に見ててとやり方をゆっくして見せたり、
「かしてごらん」と言って結び付けてくれました。

IMG_9314_convert_20190718111933.jpg

とてもきれいな笹飾りが出来ました。

IMG_9420_convert_20190711133830.jpg

まだとても綺麗でしたが、笹に火をつけました。
火が燃える様を「うわぁー」と大喜びで声を上げていましたが、
火が弱まり黒くなった様子をみてちょっとショック?言葉がありません。
前もってこうなることは、話していたのですがやはり・・・・

IMG_9914_convert_20190718111202.jpg

「僕のは先生真っ黒になった?」
「なったね煙になってほらお空に行ったでしょう。」
「う~ん」と小さい声がします。
「でも神様のところに行ったときには、元の形になってちゃんと届くんだって」
と言うと、「ほんと?!」目をかがやかせました。

IMG_9939_convert_20190718111128.jpg

「あそこの半分しか燃えてないよ。」という声に
先生がひばさみでひっくり返しながら、燃えるようにしてくださいました。

IMG_8324_convert_20190718104700.jpg

ほとんど燃えてしまいました。遊び始めた子供たちは、
何度か見に来ていました。
こうして、笹飾りの終わりもしっかり見届けた子どもたちでした。
[2019/07/18 09:49] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
僕困っているんだ
IMG_8002_convert_20190531134810.jpg

先日、年中児のお母さんの方の勉強会をしました。.
その中で、育てにくいと感じるお子さんの話もしました。

IMG_9123_convert_20190701104834.jpg

どうしてこんなに何度も何度も同じことを言わないといけないのだろう。
よそのお子さんはお利口さんなのに・・・・。

IMG_8769_convert_20190701105136.jpg

お母さんの言葉から、気絶しそうになるくらい
同じことをいっていますと・・・・・。

IMG_9270_convert_20190705124659.jpg

そんな中、急に年中になって
友達とのトラブルが増えてきた○○君。
動きを見ているとお友達の嫌がることをしたり、
ちょっとした いたずらをして、されたお友だちから
「あ~もう!」ということがふえていました。

IMG_9258_convert_20190705124730.jpg

もし困り感があるのに、誰からも分かってもらえず
注意だけをうけていると、子どもの心は傷ついてしまいます。

IMG_9105_convert_20190701105015.jpg

私は子どものころから近視で、“眼鏡”をかけています。
年齢を重ねたときに老眼になりました。
最近は白内障になりました。

IMG_9109_convert_20190701104938.jpg

でも困った事はありません。
原因がはっきりわかっていたので、
その時に、必要な処置をして現状に合う
"眼鏡"をかけているからです。

IMG_9121_convert_20190701104851.jpg

困り感のある時、その困り感を解決できる眼鏡に
変わるものがあると良いのだと思います。

IMG_8773_convert_20190701105118.jpg

出来るだけ早い時期に、その“眼鏡”を見つけて
行きたいと思っています。そんな時ご家庭から
昨日のお話のようなことを、我が子に感じています。

IMG_9248_convert_20190708092942.jpg

家の○○はまさにその状態だと思います。
私たち夫婦は○○の幸せが最優先です。
どうすれば良いか、アドバイスをと言われました。

IMG_9336_convert_20190708092635.jpg

○○君は本当に幸せだと思います。
ちょっと話を聞いて、立ち止まってもらえたのですから。

IMG_8969_convert_20190705125804.jpg

私が思うのは本人の困り感を無視して、
「また××をしてダメでしょう。」「何回言ったら分かるの!」
と言われ続け、僕はダメなんだと自分に自信を無くすことです。

IMG_9302_convert_20190705131501.jpg

困り感との付き合い方を身に付けていきながら、
心の平和を持ち続けて行けたらと願っています。

IMG_8884_convert_20190705131923.jpg

子どもの困り感と育てにくさは裏表です。
感じたときちょっと立ち止まって、
周りの誰かにちょっと話を聞いてもらうのも、
肩の力を抜くのも良い事だと思います。
[2019/07/08 13:22] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
芝生に入りません
IMG_9265_convert_20190704110728.jpg

園庭に芝生をしているのですが、子たどもちのパワーにびっくりです。
すぐに真ん中が傷んでしまうのです。

IMG_9249_convert_20190704110843.jpg

今年も傷んでいる所を直していただきました。
そうすると、しばらくは中には入れません。

IMG_8396_convert_20190704111057.jpg

4月当初は、縄をはって入らないようにしました。

IMG_9252_convert_20190704110822.jpg

今は雨上がりの時など、芝生が傷みやすい状況の時だけ
入らないようにしています。

IMG_9217_convert_20190704111508.jpg

入らないでの”印”をしています。
チェーンのついたポールを立てて置くだけなのですが、
それだけで中に入りません。

IMG_9103_convert_20190701105034.jpg

年少児も注意されなくても入らないのです。

IMG_9127_convert_20190701104752.jpg

いつもと違う事に敏感に反応しているのです。
その姿にびっくりです。

IMG_8763_convert_20190701105155.jpg

状況を見て判断して行動できるという事が
少しずつ出来ているという事なんでしょう。
もちろんこれからも、まだ出来ない事はあるのですが、
それでも確実に一つ一つ身につけていっているようです。

IMG_9125_convert_20190701104814.jpg

沢山ある教具の中から自分で選ぶという体験。
毎日の幼稚園生活の中で、身に付けてきた事が
自分で判断するという事に繋がっているのだと思います。

IMG_8883_convert_20190704102833.jpg


子どもたちは自分で考え、活動しながら
自分つくりをしっかりしているのです。
[2019/07/04 11:38] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
次のページ
プロフィール

宮崎カトリック幼稚園

Author:宮崎カトリック幼稚園
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード