FC2ブログ
みんなあつまれ!
園のこどもたちの様子をお伝えします。
フェスタ
IMG_1152_convert_20191030101007.jpg

フェスタの日は、とてもお天気に恵まれた1日となりました。

IMG_1248_convert_20191031113130.jpg

2,3日前から子どもたちは、
「楽しみ!!」「ほんとだね。」「魚釣りもあるんでしょう?」と
昨年経験したことがある年長児はしきりに話しています。

IMG_1263_convert_20191031113309.jpg

なんのこと??年少の子どもたちは目をぱちくり。
それに気づいたお姉さんが、
「あのね。フェスタがあるのよ。」
「そうよゲームもあるからね」
「私お買い物がするのが楽しみ」

IMG_1276_convert_20191106092240.jpg

カトリック幼稚園のフェスタでは中心は子どもたちです。
お店屋さんにも子どもたちだけで入ります。
お母さま方手作りのおもちゃや魅力的なものがあるのです。
子ども達がゆっくり見れるように、人数制限をし、
保護者の方が配慮してくださいました。

IMG_1278_convert_20191106092420.jpg

目をキラキラさせて一生懸命お買い物!
お金を出すのがちょっと難しい時には
係のお母さん方優しく手伝ってくださいました。

IMG_1282_convert_20191106094230.jpg

次はゲーム・・・・。次は・・・。
お父さんはお仕事お母さんはお手伝い。
一人でゲームをしたりお買い物をしている子どももいました。
ちょっと心配で様子を見に行ってみると、
近くにいたお友だちとお父さんが一緒に連れて歩いてくださっていました。


IMG_1280_convert_20191106110530.jpg

廊下にはたくさんの列が並んでいましたが
“待つ”とうことも、上手に出来ていました。

IMG_0674_convert_20191010131258.jpg

子どもが寂しい思いをしないように。
不安にならないようにと配慮してくださる保護者の皆さんに感謝です。

IMG_1194_convert_20191031093811.jpg

袋にいっぱい買い物をしたものを持って見せに来てくれました。

IMG_1216_convert_20191031094230.jpg

皆で見合いっこをしています。
「また行ってくる」とフェスタに一目散。


IMG_1284_convert_20191106091119.jpg

園庭で楽しい声が響き渡っています。

IMG_1289_convert_20191106095054.jpg

交替したお母さんも来てくださいました。
「お母さんほら見て!」子どもが楽しく過ごしている所には
大人のさりげないサポートがあります。

IMG_1155_convert_20191030104925.jpg

こういう体験が子どもの心を温かく強くしていくのでしょう。
スポンサーサイト



[2019/11/06 11:00] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
講演会を終えて
IMG_1117_convert_20191030101141.jpg

幼稚園では田部外美先生をお招きして
“子どもと子どもの本をつなぐもの”
というテーマでお話をしていただきました。

IMG_1054_convert_20191024134015.jpg

先生のお人柄もありとても楽しい時間でした。

IMG_1167_convert_20191030093956.jpg
(写真は絵本サークル時の写真です)  

絵本の大切さ、お母さんからしていただく
読み聞かせの時間の大切さは私も感じるところで、
その事をお話していたのですが、先生のお話の中で感じた事は、
読み手のお母さんも楽しむという事でした。

IMG_1176_convert_20191030095013.jpg

先生がお話の途中で何冊か読んでくださいました。
そんなに大げさな表現ではないのですが、お話に引き込まれました。

IMG_0786_convert_20191016104245.jpg

間のとり方、ちょっとした声の変化・・・。
私の知らない本もあり引き込まれました。

IMG_0975_convert_20191018121531.jpg

ワクワクとその物語の中に自分もいるような気持になりました。
本を読む時の先生の努力もお聞きしてさすが!
見えないところの準備が大事なのだなと改めて思いました。

IMG_0713_convert_20191010132039.jpg

子育てと同じだなあと思いました。

IMG_0783_convert_20191010131506.jpg

子どもを育てている時には、子どもからもらえる喜びや楽しさ、
あるいは安らぎもあるのですが、時間を奪われ、
これだけ頑張っているのに・・・・。
でも思うようにいかない日々・・・・・・・。

IMG_0695_convert_20191010131225.jpg

先生のお話の中に、お母さんも絵本を楽しむこと、
また大人用の本も紹介していただき、大変だけれども
楽しむことが必要だなと思ったことでした。

IMG_0977_convert_20191018121808.jpg

大人もお母さんになった時、より素敵なお母さんになるよう
自分の目標に向かって学び続けるのだと思いました。

IMG_0770_convert_20191010131940.jpg

最高の先生は我が子!
子どもの声にならない声に耳を傾けられたらと思います。
子どもの心の声にしっかり耳を傾けて聴くという事。

IMG_0958_convert_20191018100036.jpg

その技を身に着けていくための
ちょっと努力がいるのかなとも
感じさせていただいた講演会でした。

IMG_9982_convert_20191024133941.jpg

時間を見つけ機会を見つけ、本を読んだり
参考になるお話を聞くチャンスを作ることの大切さ。
その中でも “聴く” という事が大事な要素になるのだと思いました。
[2019/10/30 14:00] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
お母さんが大好き
IMG_0853_convert_20191016104500.jpg

先日幼稚園の入園案内会をしました。
来ていただいて本当に感謝でした。

IMG_0679_convert_20191016101955.jpg

10月からの無償化に伴い、色々な話が入ってきます。
心乱れる事もありますが、子どもを中心とした保育を
これからも大事にしたいと思う事でした。

IMG_0859_convert_20191016113919.jpg

子どもを見ていて思うのは、
本当に子どもはお母さんが大好きという事です。

IMG_0777_convert_20191016104153.jpg

6月ごろから少しずつ年少々の子どもが入園してきました。
満3歳になったばかりでの入園です。
大きい子どもたちの優しいお手伝いでご機嫌です。

IMG_0680_convert_20191016102015.jpg

ところが11時20分ごろになると
「ママに会いたい」と言ってくるのです。
降園準備をしているとお母さんが迎えに来てくださいました。
満面の笑みです。

IMG_0808_convert_20191016104121.jpg

ところが 「帰らない。もっと遊ぶ。」
時間に余裕があるときには、お母さんが「いいよ」と
おっしゃってくださると、鞄を放り投げるようにして、
遊びに行きます。

IMG_0711_convert_20191010132014.jpg

まだまだ自分中心の真っ只中、
その年齢の特徴に寄り添っていただく事で
子どもの心は満たされるようです。
短い時間ですが、在園児たちが昼食準備に入室すると
先生“さよなら”と言って帰ります。

IMG_0838_convert_20191016104332.jpg

短い時間ですが、お母さんに見守ってもらえながら
遊ぶ時は、本当に子どもの心は満たされるようです。
慣れるに従い、子どもに合わせて午後保育に入り、
お預かりもするようになってきます。

IMG_0781_convert_20191010131845.jpg

同じ無償ならば長く預かってほしいと
思われる方も多いのも現実です。

IMG_0687_convert_20191010131029.jpg

この現実を受け止めながら、子どもの心に寄り添い、
大好きなお母さんとの時間も大切にしたいとも願っています。

IMG_0852_convert_20191016104522.jpg

集団生活に慣れてきた子供たちは
少しずつお預かり保育にも参加します。
お迎えに来てくださったお母さんの所に
駆け寄っていく姿は本当にうれしそうです。
[2019/10/16 10:54] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
小さい時は出来なくて当たり前ってホント?
PC052340_convert_20191003104121.jpg

よく聞くことに、“まだ小さいから出来なくて当たり前。”
という事があります。それってホントかな?

IMG_0384_convert_20191003104655.jpg

確かに小さいから出来ない事はたくさんあります。
また、始めから出来ないと思って見向きもしない事もあります。

IMG_0380_convert_20191003104835.jpg

でも子どもは本当は知りたがっているし、
出来るようになりたいと思っているのです。

IMG_0029_convert_20191003104220.jpg

特に生活の中では、大人がしているのを見て
すごいなぁ! あんなに出来るといいなぁ!と
思っていることがたくさんあるのです。

IMG_0387_convert_20191003104546.jpg

ただ、どうやってしたらよいのか
子どもには分からないのだと思います。

IMG_0524_convert_20191003104920.jpg

言葉の指示を聞いて理解するのはちょっと難しいのです。

IMG_0533_convert_20191003104606.jpg

幼児期には聞いて理解する事よりも
見て学ぶことの方が分かるのです。
模倣することが本当に得意な時なのです。

IMG_0545_convert_20191003104634.jpg

子どもは人がしている事を見て、
自分もできるようになりたいと
思っています。

IMG_0548_convert_20191003104815.jpg

子どもは衝動的ではありますが、
大人の動きでは何をしているのかは
全部を見取ることは出来ません。

IMG_0023_convert_20191003104204.jpg

ですから子どもが見取る事の出来る速さで
(大人からするとこんなにゆっくりと思えるほどです)
ゆっくりして見せると、子どもは分かったというように顔がかわるでのす。

IMG_0035_convert_20191003112136.jpg

マリアモンテッソーリの言葉に
「教えながら教えなさい」という言葉があります。
子どもが分かったと言うまで、咎めることなく教えるという事です。

IMG_0025_convert_20191003105539.jpg

いくら上手に手伝だったつもりでも
子どもが出来ない時があります。
その時には待つのです。教えながら待つのです。
「何度言ったら分かるの」と言わずに・・・

PB212218_convert_20191003104854.jpg

こうして出来る事が増えて行った子どもたちは
本当に幸せなだと思います。
[2019/09/30 13:57] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
虫取り大好き
IMG_0233_convert_20190912102152.jpg

15日に運動会をしました。9月残暑厳しい日だったのですが、
子どもたちはとても頑張りました。

IMG_0304_convert_20190912105918.jpg

施設として、決して恵まれているという環境ではありませんが、
それでも水分補給、体を冷ますなど工夫しながら、
汗をしっかりかける子どもたちに育ってほしいと思っています。

IMG_0187_convert_20190912104031.jpg

園庭に集まって体操をしている時です。トンボが跳んできました。

IMG_0185_convert_20190912104111.jpg

皆ちらちら気になるようで見ています。
年少も目でじーっと追っていますがその場から動きません。

IMG_0314_convert_20190912105604.jpg

8月入園したばかりの年少々の子が見つけました。

IMG_0305_convert_20190912105759.jpg

その子の近くにトンボがとまりました。
「とんぼ!」その声にびっくりしたのか、
トンボは飛んでいき、ちょっと離れたところにとまりました。

IMG_0301_convert_20190912105823.jpg

それを追って小さいお友だちは走っていきます。
また飛んでいきます。叉走って追いかけます。

IMG_0024_convert_20190912103404.jpg

繰り返しているうちに体操は終わりました。
その間他の子どもは一緒になってすることもしませんが
「駄目だよ」という注意もしませんでした。

IMG_0026_convert_20190912103425.jpg

先生たちが見守っていることを子どもたちも感じたのでしょう。
いずれ出来るようになるという事を。

IMG_0300_convert_20190912111129.jpg

外遊びの時間になると、手に虫取り網を持って、
トンボを追いかけています。
夏は木をじーっと見上げてはセミを採っていた子どもたちが
今は、トンボです。

IMG_0328_convert_20190913110412.jpg

とった虫を虫かごに入れて、お帰りの時に
お迎えに来てくださったお母さんに
「お母さん見てみて!」と言って見せた後、
ほとんどの子どもが逃がして帰るようになりました。

IMG_0173_convert_20190912103455.jpg

始めはお母さんと、”持って帰る””かわいそう”
という会話がよく聞かれていましたが、
虫取りが上手になってきた今は
逃がすという事を選択することが出来るようになったようです。
[2019/09/12 13:08] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
次のページ
プロフィール

宮崎カトリック幼稚園

Author:宮崎カトリック幼稚園
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード