FC2ブログ
みんなあつまれ!
園のこどもたちの様子をお伝えします。
ひよこ組
IMG_2553_convert_20200130121022.jpg

6月から本当に少しずつ入園を受け入れてきた
年少々(ひよこ組)の受け入れも今月で最後になります。

IMG_2680_convert_20200131094939.jpg

お母さんとはスムーズに離れ、
泣く事もなくスムーズになってきました。

IMG_2432_convert_20200127111126.jpg

一人っ子の白さんのお姉さんNさん。
ついこの間までちょっとしたことでも涙がでていました。

IMG_2748_convert_20200203115943.jpg

そんな中ひよこさんがちょっと不安な表情でお外にいました。
それに気づいたNさんが「おいでー!おいでー!」と声をかけ、
両手を広げて待ってくれています。

IMG_2614_convert_20200130121248.jpg

それに気づいたひよこさん。
ニコッと笑ってお姉さんめがけて走っていきました。

IMG_2462_convert_20200127111521.jpg

お姉さんの腕の中に飛び込んで行ったひよこさん。

IMG_2685_convert_20200131095516.jpg

しがみつきました。お姉さんもぎゅうとしてくれました。
見ていた私たちもちょっと感動的な場面でした。
余程嬉しかったのでしょう。
後からは何度も笑い合ってしていました。

IMG_2587_convert_20200130121424.jpg

ぎゅうとだきしてめてくれるお姉さん、
抱きしめたときにお母さんからしていただいたことを
思いだしたのでしょう。

IMG_2431_convert_20200127111107.jpg

縦割りの中での関わりで多くの事を
体験し学び合っていく事の出来る姿は本当に素敵です。

IMG_2592_convert_20200130121103.jpg

子どもはしていただいたように
人にも出来るようになるのです。
スポンサーサイト



[2020/02/10 13:13] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
しっかりお手本になっている子どもたち
2_20121126180649.jpg

3学期が始まり4週目が過ぎました。
元気に登園してくる子どもたちに
また今年も力をもらいながら、一人ひとりを
大事に過ごしていきたいと思います。

IMG_2341_convert_20200109094503.jpg

2学期にひよこで入園してきた子どもたちも
随分一人で出来る事が増えました。
3学期始めての日。ニコニコと準備を始めました。

IMG_2350_convert_20200109094307.jpg

「一人で出来る事がたくさんになって来たね。」と
声をかけ、次は○○、次は□□と
言葉で指示をしながら見ていました。

IMG_2340_convert_20200109094528.jpg

途中でん?ん?と首をかしげています。

IMG_2324_convert_20200109094741.jpg

手がとまりました。それでも言葉をかけるだけにしていた所、
近くにいた白のお兄さんが何も言わずに、
横に言って自分がしはじめました。
其れも隣の子どもを意識した動きをしているのです。

IMG_2357_convert_20200109094115.jpg

ゆっくり正確に丁寧にしています。
一つしてはちょっと手を止め
小さい子の顔を見守っています。

IMG_2387_convert_20200123092528.jpg

気付かなかった小さいお友だちは
ん?ん?とキョロキョロしています。
それでも自分のすることをゆっくりしているお兄さん。

IMG_2351_convert_20200109094345.jpg

それに気づいたひよこさんは
ニコッと笑ってお兄さんの手元を
ゆっくり見ながらしていきます。

IMG_2359_convert_20200109094055.jpg

もう大丈夫分かったという表情になるまで、
根気よく、せかすことなく ゆっくりとしたペースで
見守ってくれているのです。

IMG_2392_convert_20200123092603.jpg

マリアモンテッソーリの言葉 “教えながら教えさない”
出来ないからと言って咎めたりしないで、
子どもが分かったというまで丁寧に
教えなさいという意味なのです。

IMG_2356_convert_20200109094201.jpg

それを実践している子どもの様子に教えられる思いがして、
初心に帰られなければならないと改めて思ったことでした。

IMG_2419_convert_20200123094338.jpg

3学期にもなると子どもから学ぶことが多くなってきています。
[2020/01/23 09:35] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(1) |
希望の光
IMG_2224_convert_20191219113933.jpg

宮崎の街にもイルミネーションがひかり
個人の家でもきれいに飾ってあるところが
増えてきました。

IMG_1864_convert_20191212133403.jpg

“ひかり”は私たちに希望を見出させてくれると
言われますが、本当に希望を見出すことが
出来るのかと思うこの頃でもあります。

IMG_1861_convert_20191212133342.jpg

子どもの育ちの事を見ていても、
えっ?!と思うようなことで、意気消沈することも
あり、光を見失ってしまったような気がします。

IMG_2236_convert_20191219114008.jpg

聖書にも書いてあるのですが、星に導かれて
イエス様を拝みに来た3人の博士が
星を見失ったという事が書いてあります。

IMG_1855_convert_20191212134716.jpg

そこでヘロデ王の所に尋ねに行くのですが分かりません。
もう一度空を見てみると見失ったと思った星が
輝いていたという話です。

IMG_1877_convert_20191212133603.jpg

こうなるはずがない、こうあるべきという自分の思いが
先になってしまい、見えるべきものが見えなくなって
しまっているという事があるのだと思います。

IMG_2056_convert_20191216134350.jpg

焦ってしまってすぐに、答えを出そうとしてしまう
私たちの姿がそこにあるような気がします。

IMG_1857_convert_20191212133323.jpg

マリア様の姿がそんな私の目指す姿になりました。
マリア様もいろいろとご自分に理解できない
出来事に出会われました。 そのたびに
心に留め思い巡らせたと書いてあります。

IMG_2027_convert_20191212133926.jpg

すぐに答えを出して自分を納得させる事よりも、
その出来事は何を示しているのかを
知ろうとする姿がそこにあると思います。

IMG_2223_convert_20191219114033.jpg

希望を見出すためには、信じる事が大事だと思います。
見えないほど小さい光だとしても、信じる事から
見いだせていくのだと思います。

IMG_2061_convert_20191216134422.jpg

今 見えません。でも必ず見る事が出来る
と、信じて待つことだと思います。

IMG_1708_convert_20191205134932.jpg

どうぞ皆さま
良いクリスマスと新しい年をお迎えください。
[2019/12/23 10:00] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
お手伝い大好き
IMG_2137_convert_20191216112922.jpg

小さい子たちは、ほんとに誰かの役に
たちたいと思っているようです。

IMG_1876_convert_20191212133540.jpg

「誰かお手伝いしてくれないかな?」と
つぶやくものなら飛んできてくれます。

IMG_2069_convert_20191213114306.jpg

砂場の道具がいくつか残っていた時の事です。

IMG_2031_convert_20191213093228.jpg

「片付けましょう」ではする子ども・しない子どもが
出てきますが、「手伝って」では
本当にたくさんの子どもがしてくれるのです。

IMG_2033_convert_20191216133952.jpg

感動するほどです。ところがこれが年齢が高くなるにつれて、
「手伝って」 「え~っ!?」嫌そうな返事に変わっていくのです。

IMG_2078_convert_20191213114233.jpg

面白いくらいです。こうやって、だんだん自分の事だけを
する時期になります。自分の事をすること、
出来る事に喜びを感じていくのです。

IMG_2085_convert_20191213114207.jpg

喜びを十分に感じた子どもはまた人へ
配慮が出来るようになるのです。

IMG_1912_convert_20191212133817.jpg

「片付けなさい」という前に、
「○○するから、ここをきれいにするのを手伝って。」と
言って実際に出来る事を増やしていくのです。
始めはお母さんと一緒にする事から始めてもいいのです。

IMG_1845_convert_20191212134656.jpg

自分でしたことは自分で片付けるという責任は、
だんだん身に付いていくように仕向けていくのです。

IMG_1569_convert_20191212134636.jpg

片付けると気持ちが良いという体験が先です。
「片付けなさい」を「手伝って」に変えてでも
まず整える事をしていくのです。

IMG_2072_convert_20191213114354.jpg

人のために役に立ちという本能は
私たち人間持っているものだと信じています。
[2019/12/16 11:30] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
クリスマス
IMG_1972_convert_20191209084519.jpg

今日はクリスマスお祝い会でした。
10月終わりごろから少しずつ
練習を始めてきました。

IMG_1888_convert_20191209114622.jpg

クリスマスってなぁに?という問いかけから始めました。
年少さんからは「サンタさん来る日」とニコニコ顔で
手を挙げて話します。それに比べて年長児は
「イエス様の誕生日です。」と
正解が帰ってきます。

IMG_1915_convert_20191209114723.jpg

なぜイエス様の誕生日を世界中の人と
お祝いするのかと話しながら準備してきました。

IMG_1899_convert_20191209114706.jpg

今ではイエス様の誕生日だから
イエス様をお祝いしようと、
お祝いのための遊戯や舞踊劇、そして
年長児による聖劇の準備をしてきました。

IMG_1894_convert_20191209114645.jpg

イエス様が馬小屋で生まれ、飼い葉おけに寝かされたという
聖書の言葉に従い、わらのふとんをつくろうと子どもたちは
“良い子の藁”を集めています。

IMG_1969_convert_20191209085259.jpg

“良い子の藁”とは子どもたちがイエス様の事を思い、
良い事をした時に、箱に準備してある藁を飼い葉おけに
入れていくのです。

IMG_1980_convert_20191209084715.jpg

子どもの善意が集まった暖かい布団が出来ました。
赤ちゃんのイエス様の御像がニコニコと笑って喜んで
いらっしゃるように感じました。

IMG_1313_convert_20191209115805.jpg

クリスマスツリー・クリスマスプレゼント・クリスマスケーキと
たくさんの嬉しいことがある、クリスマスの日ですが、
どうしてこんなにも世界中の人が喜んでお祝いするのでしょう。

IMG_1297_convert_20191209115511.jpg

神様がご自分の一人子をまず私たち人間に
与えてくださったからです。神様が私たち人間を
何よりも大事に思ってくださったという証だからです。

IMG_1179_convert_20191031093612.jpg

神様が私たち人間を愛してくださった
この喜びを人にも分けたいのです。
だからお互いにプレゼントをして喜び合うのです。

IMG_1977_convert_20191209084654.jpg

クリスマスは自分の事よりも人の喜びを
大切にしたい日だと心から思うのです。
[2019/12/09 13:31] | 笠岡園長からのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) |
次のページ
プロフィール

宮崎カトリック幼稚園

Author:宮崎カトリック幼稚園
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード